ノロウイルス 流行する時期 いつ

ノロウイルスの流行する時期はいつなのか?

 

寒い冬の時期になると、インフルエンザと同じくらい流行するのがノロウイルスですね。

 

実際に感染すると嘔吐に下痢にとても悲惨な目にあいます。。。

 

あぁもう二度と感染したくない(((ρT-T)ρ・・・

 

 

 

 

ノロウイルスに絶対に感染したくない!!とは思いますが、

 

具体的にノロウイルスの流行する時期っていつなのか?

 

漠然と冬くらいしかいままで考えたことがなかったので、

 

今回ノロウイルスの流行する時期について調べてみました。

 

 

 

 

ノロウイルスの流行時期

 

ノロウイルスが流行する時期はだいたい毎年11月〜始まって、

 

12月が一番の感染者・患者数がピークを迎えると言われています。

 

そして1月〜3月くらいまでは12月ほどではありませんが、

 

ノロウイルスに感染している方の流行は続きます。

 

 

 

ノロウイルスの流行時期のイメージ

 

↑↑ノロウイルスの流行時期イメージ↑↑

 

 

ノロウイルスにかかっている人が多い時期としては、

 

12月〜3月までが感染者の多い時期と考えていいと思います。

 

 

 

 

そもそもなんで冬の時期に流行するのか?

 

なぜそもそもノロウイルスが冬に集中して流行するのかについては、

 

考えられる理由として大きいのは、生カキなどの二枚貝を生で摂取と

 

感染者からの空気感染があげられます。

 

 

 

 

冬になると生カキは旬をむかえるので、食べる人も多くなります。

 

生カキはお美味しいんですけど、体調が不十分な時に食べたりすると

 

カキの内臓部分に入っているノロウイルスに感染してしまいます。

 

 

 

 

カキ以外のあさりやしじみなんかも全部一緒です。

 

二枚貝の中にはノロウイルスがひそんでいる可能性があると考えた方がいいです。

 

 

 

 

 

ではあさりやしじみでノロウイルスの感染者がでないのかというと、

 

あさりやしじみは生ではなくみそ汁などにするときにしっかり熱を加えているからです。

 

 

 

 

 

またその生カキなどでノロウイルスに感染した感染者による

 

嘔吐物や下痢などによって飛び散ったものの中には大量のノロウイルスが

 

存在しているので、きれいにしたと思っていても目に見えないノロウイルスが

 

少しでも残っていればそこから空気に蔓延したりもして感染することも多いようです。

 

 

ノロウイルスをはじめとしたウイルスの大きさは1mmの100万分の1のサイズと

 

言われてるくらい小さいのでちょっとしたことでも

 

ウイルスが残っていて感染する可能性があります。

 

 

 

まとめ

 

ノロウイルスが流行する時期は11月〜増えて、

 

12月〜3月までをピークに感染者が多い時期を迎えます。

 

 

 

 

生カキがおいしい時期からノロウイルスに感染する人も増えて

 

感染した人の周りから2次感染として被害が拡大していきます。

 

 

 

 

ノロウイルスの感染を防ぐためには、

 

  • 体調が悪いときには生カキはたべないこと
  •  

  • ノロウイルスに感染している人のそばにいかないこと
  •  

  • ノロウイルスに感染した人の排泄物の処理をするのなら

     マスク・ゴム手袋など完全防備をすること

  •  

  • 2次感染を防ぐため室内の空気自体を空間除菌すること

 

これらがあげられます。

 

 

 

 

 

 

生かきは食べなければ簡単に感染経路を防ぐことができますが、

 

外出先で移ることだってありますし、

 

家族の誰かがノロウイルスに感染したら、看病もしないといけないと思います。

 

 

 

 

 

 

でも気を付けないと看病をしたきっかけからノロウイルスに感染することも

 

けっこう多いので、冬の時期はノロウイルスを防ぐ予防・2次感染を防ぐためにも

 

空間除菌まで徹底しておくことがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

できるかぎりの予防策をはってノロウイルス感染しないように

 

気を付けましょう〜!!

 

 

 

JOKIN AIR PLUS(ジョキンエアープラス)の販売サイトはこちら



2016年11月24追記
今はJOKIN AIRという商品は「JOKIN AIR PLUS」という名称になっています。
(商品の性能は同じと考えていいようです)