インフルエンザ ならない 予防策

インフルエンザにならないための6つの予防策

 

冬の寒い時期は、寒いだけならまだしもインフルエンザが嫌ですよね。

 

高熱が出て、自分だけでなく家族やまわりにも移してしまうので、いいことがありません。

 

今回はインフルエンザにならないための予防策を6つ考えてみました。

 

 

 

インフルエンザにならないための予防策

 

予防接種

 

これ一番大事ですね。予防接種でインフルエンザの毒素を抜いた

 

ワクチンを接種しておくことで万が一インフルエンザに感染しても

 

軽い少々で済ませることができます。

 

 

 

 

手洗い・うがい

 

基本ですね。外から帰ってきたりしたときには手洗い・うがいをすると

 

直接ついたウイルスについて洗い流すことができるので効果的です。

 

 

 

ウイルスは鼻や口から入ってくるので、口の中・手を清潔にしておくことは大事です。

 

できれば鼻うがいまでしておくと完璧だと思います。

 

 

 

 

免疫力を高める

 

予防策として、免疫力を高めておくことも大事です。

 

免疫力を高める行動としては、栄養をしっかりとる。運動する。睡眠をとる。

 

 

 

この3つをしっかりバランスよく摂取したり、実施することが大事です。

 

インフルエンザの対策というよりも風邪対策にもなるので、日ごろからしておきたいですね。

 

 

 

 

人混みをなるべく避ける

 

インフルエンザウイルスは人数が増えたり、換気の悪い場所になればなるほど、

 

感染するリスクは高くなります。

 

 

 

仕事でどうしても人混みの中にいないといけないのはしょうがありませんが、

 

わざわざ人が多い中にいかなくていいときは避けておいた方がいいと思います。

 

 

 

 

適切な湿度

 

意外と気にされていない方が多いかもしれませんが、湿度もある程度高めのほうが

 

インフルエンザにかからなくてすみます。

 

 

 

適切な湿度としては、40〜60%くらいが適度としてみていいと思います。

 

 

 

40%以下になるとウイルスは活動しやすくなりますし、

 

60%超えるとかえってカビとかダニが繁殖するので高すぎるにも注意が必要です。

 

 

 

 

インフルエンザウイルス自体を駆除する

 

そもそもの原因のインフルエンザウイルスを攻撃して、

 

ウイルスがいない環境を作ることも予防策になります。

 

できればここまでやるのがベストですね。

 

 

 

ウイルスには抗酸化力の二酸化塩素を使用すれば、

 

ウイルス・細菌を撃退することができます。

 

二酸化塩素でインフルエンザウイルス撃退

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

インフルエンザにならないための予防策は上記の6つでした。

 

 

 

きちんとやっている予防策もあればやっていない予防策もあると思います。

 

 

 

Dの適切な湿度とEのインフルエンザウイルスを駆除するについては、

 

専用機械を利用しないといけないかなと思います。

 

 

 

 

Dの適切な湿度を保つのなら加湿器があったほうがいいです。

 

安すぎるものは、湿度があまりあがらなかったり、逆に高くなりすぎたりもするので、

 

だいたい1万円以上する簡易的でない加湿器を利用するのが個人的にはおすすめです。

 

 

 

 

Eのインフルエンザウイルス駆除については、

 

JOKINAIRという機械がエアコンと連動して二酸化塩素を放出して

 

部屋の隅々まできちんと二酸化塩素をめぐらせられるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JOKIN AIR PLUS(ジョキンエアープラス)の販売サイトはこちら



2016年11月24追記
今はJOKIN AIRという商品は「JOKIN AIR PLUS」という名称になっています。
(商品の性能は同じと考えていいようです)