二酸化塩素 空間除菌 インフルエンザ感染 防げるの?

二酸化塩素で空間除菌すればインフルエンザ感染は防げるの?

 

空間除菌をする成分として評判のいい二酸化塩素は、

 

インフルエンザの感染まで防げるのか?防げないのか?についてですが、

 

二酸化塩素の空気で室内いっぱいにすればインフルエンザに感染するリスクは

 

かぎりなく下げることができます。

 

 

二酸化塩素が空気中にあるかないかでは室内のウイルスは激減させることができます。

 

二酸化塩素でウイルス撃退実験

 

↑↑二酸化塩素(クロサイド)を利用した実験結果です。

 

 

 

二酸化塩素の効果はウイルスに対して絶大です。

 

ただ優れてはいますが、完全に浮遊しているウイルス自体を0にすることはできません。

 

※病院の無菌室でも限りなく0ですが、それでもウイルスはいるようです。

 

 

なので、インフルエンザに感染しないためには、空間除菌だけでなく

 

予防接種をきちんと打っておいたり、

 

うがい・手洗い・栄養・睡眠・運動などで免疫力を高めておく方がいいと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

二酸化塩素の空間除菌をすることによってウイルスの数を激減させることができるので、

 

結果的にインフルエンザ感染を防ぐ予防にもなります。

 

 

 

ただ空間除菌をしてもインフルエンザになる可能性は0ではないので、

 

予防接種を受けるなどその他の対策もしておくことが大事です。

 

 

 

 

室内の二酸化塩素の空間除菌をまんべんなくしてくれるものとしては、

 

「JOKINAIR」がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

JOKIN AIR PLUS(ジョキンエアープラス)の販売サイトはこちら



2016年11月24追記
今はJOKIN AIRという商品は「JOKIN AIR PLUS」という名称になっています。
(商品の性能は同じと考えていいようです)